健康ショップ.net

健康ショップ.net

理研ビタミン

理研わかめペプチド粒タイプ【お試し500円】

理研ビタミン株式会社から販売されている「わかめペプチド粒タイプ」お試し情報の詳細を購入者に伺いました。
わかめの専門家から生まれた、この機能性表示食品を飲むことによって、どのような変化があったのでしょうか。

商品案内

わかめペプチド粒タイプ
・56粒(2週間分)
・価格:500円
・送料無料

限定お試し版はこちら

購入者(A.Sさん)

わかめペプチド粒タイプを試したのでレポートにまとめました。
以前から少々高めだった血圧が急激に高くなったのは、昨年の10月下旬のことです。

病院で診てもらうと、最大血圧が200mmHg以上、最小血圧は100mmHg以上もありました。
そのときは、降圧剤(血圧を下げる薬)を飲み、いくぶん安定したようです。

医師には「しばらく様子をみて、下がらないようなら薬を出しましょう」といわれました。
降圧剤は一度飲み始めるとなかなかやめられないそうです。
私も薬を飲まない方法でなんとかしたいと思いました。

とりあえず私は、翌日から自宅にある家庭用の血圧計で、約2時間おきに血圧を測ってみることにしました。
すると、何日か測るうちに、一日のうちでも時間によってかなり血圧が変動することがわかりました。
どちらかといえば午前10時ごろから午後5時ごろは血圧が上がりやすく、夜間は逆に落ち着くようです。

また私の場合、血圧が上がる前に、ある種の体の不調があるようです。
まず、手の指先が冷たくなったなと思って測ると、最小血圧が100mmHgを超えていました。
また、首すじがはってグーッと重くなり、顔がほてるような感じがすると、最大血圧が160mmHg以上になっている、といった具合です。

いずれにしても、血圧が高いときは、具合が悪くて横になることがよくありました。

一週間ほど測ってみて、あまりいい状態ではないと感じた私は、なにか血圧を下げる方法はないかと真剣に悩むことになりました。

そんなとき、理研ビタミンの「わかめペプチド粒タイプ」のことを知りました。
血圧が高めの方に適した機能性表示食品と書いてあります。
私は、「これだ」と思い、すぐに二週間お試しパック500円を取り寄せました。

実感するためには、1日4粒を目安に、毎日続けることが推奨されていたのでそうしました。
こうしてわかめペプチド粒タイプを飲み始めてからも、血圧は2時間おきに測り続けました。
すると、一週間もたたないうちに血圧が下がってきたのです。
日中でも最大血圧が135mmHg前後、最小血圧が80mmHg前後でおさまるようになりました。
そして、手の指先が冷たくなったり、首すじが重くなったり、顔がほてったりすることもなくなりました。

11月の中ごろ、それまでの二~三週間分の血圧の記録をまとめて、医師に見てもらったところ、「これなら大丈夫ですよ」といわれました。
これには私も大喜びしました。

それからも、ときどき血圧を測っていますが、基準値を超えることはありません。
血圧をコントロールするためにも、理研のわかめペプチドは今後も続けていきたいと思っています。

商品情報

わかめペプチド粒タイプ 500円

限定お試し版はこちら

Return Top