健康ショップ.net

健康ショップ.net

product

【キャンペーン情報】食卓便のクーポン


食卓便のキャンペーンとクーポンコードの詳細をご紹介します。
利用したユーザーにはコース内容や感想を伺いました。

500円割引

利用したクーポンコード
・Y89U-HVKZ-C7DS

注文商品
・ケアシリーズ【らくらく定期便】

日清医療食品の食卓便をクーポンを使って購入したので感想をまとめました。

クーポン利用にはいくつかの条件がありました。
・らくらく定期便であること(通常コースは適用外)
・会員限定
・クレジットカード決済(代引きは適用外)
・おまかせコース、低糖質セレクト、ケアシリーズ、まんぷく亭のどれか

私が使ったクーポンは期間限定(2020年12月10日~2021年1月15日まで)だったようです。
今後のクーポンコード発行については未定のようなので、詳細は公式サイトをご確認ください。

キャンペーン情報

食卓便ではキャンペーンとして限定セットが期間限定で販売されるとこがあります。
例えば敬老の日にスペシャルセットとして、デザート特典や割引などがされました。
不定期開催ですが、ホームページ最上段で告知されるのでチェックしてみましょう。

お支払情報入力時に「クーポンコード」と一緒に表示される「キャンペーンコード」ですが今のところ発行されたことはないようです。
今後、発行される可能性があるようなので期待して待ちましょう。

キャンペーンで利用したコース

私はほんの4ヶ月の間に5㎏も太り、これはマズイと思い食卓便の「カロリーケア1200」コースを注文しました。
なぜ太ったのか考えてみた結果、結婚して生活環境が変わったことが原因だと思い当たりました。

結婚するまでは、和食中心の食事を1日に3回、きちんと食べていたのですが、結婚後は夫の生活にあわせたのがいけなかったようです。
毎食でも肉を食べたいというぐらい肉が好きな夫で、高カロリーな食事が中心になりました。

しかも夫は帰宅が遅く、いつも夕食は21時、22時。
すると食事が終わるのは22時、23時です。
1時間たつかたたないかのうちに寝る時間になってしまいます。
そして、翌朝は食欲がなくて、朝食は取れません。

こんな生活にあわせていたら、いつのまにか太ってしまいました。
太ったのは私だけではありません。
夫も4~5㎏ふえていました。

食卓便のらくらく定期便をはじめたのは、徳光和夫さんが出演しているCMで知ったのがきっかけです。
日清医療食品が手掛けていて、商品開発には多くの管理栄養士が栄養バランスを考えているとのこと。
また夫の帰宅が遅くなっても、冷凍食品なのでレンジで温めればいいだけなのでお手軽です。

夫には気の毒かと思いましたが、体型と食生活の改善のため、夫婦で食卓便を注文することにしました。
食卓便の定期便を注文したのは昨年の12月頃からで、毎週1食400Kcalを目安にした、カロリーを調整したおかずが届きました。

冷凍食品なので、味は期待できないと思っていましたが悪くないです。
主菜を含め、豊富な食材を使用した7つのおかずで構成されているので飽きもありませんでした。

食卓便は夫といっしょに夕食に頂きますが、朝と昼は普通食です。
朝と昼にたくさん食べてはいけないと思い、野菜のおかずや煮物をたくさんつくっておいて、ご飯を半分に、おかずも煮物や野菜類を先に食べて、肉のおかずはあまり食べないようにしました。
ふだんの量の3分の2ぐらいにへらしたわけです。

適度な運動と、寝る前に布団の上で15分くらいのストレッチ体操を毎日しました。

食卓便の「カロリーケア1200」と適度な運動のおかげで、2~3週間目には2㎏へりました。
その後はあまり変化はありませんでしたが、少しずつへり、1ヶ月半後には太る前の体重に戻っていました。

ぽっちゃりしていた顔も元のようになり、ホッとしたものです。
太る体質ではないのですが、小食ではありません。
ご飯はお茶わんに1杯程度ですが、おかずもたくさん食べます。
同じ年齢の女性よりもよく食べるほうだと思います。
だからこそ太る体質ではないと思っていたのですが、今回のことをきっかけに生活習慣のたいせつさを知りました。

これまでそう太らずにきたのは、決して体質の問題だけではなく、朝・昼・夜をある程度決まった時間に食べ、夕食は遅くとも20時には食べ終わっていて、その後はほとんど食べないという、
いってみれば体重を維持するのにとてもよい生活習慣をしていたからにすぎないということです。

どんな人でも、生活習慣によっては太るのです。
今のところリバウンドもなく、維持できていますが、いつ太るかわかりません。

私は、この体型と体重を維持するためにも、ヘルシーな食生活を心がけようと思いました。

健康と生活習慣は深く関わっています。
体重のコントロールをすることは、健康にも即つながります。
これからも、栄養バランスのよい食事を維持していきたいと思っています。

食宅便 – 日清医療食品

Return Top