健康ショップ.net

健康ショップ.net

商品紹介

桜島活泉水の特徴まとめ!購入前に知るべき注意点とは?


桜島の活泉水(かっせんすい)は高アルカリ度と抗酸化力が特徴の天然アルカリイオン水。
現在、激安と偽った桜島活泉水の紛らわしい非公式サイトが検索結果に出ているので、その注意点と、この天然水の6つの特徴をまとめました。

桜島活泉水の特徴まとめ

活泉水には6つの特徴があります。1つずつ説明していきます。

1つ目は、アルカリ度の高さ

人間の体は、弱アルカリ性に保つのがいいとされていますが、肉食中心の現代人は、どうしても体が酸性に偏り、酸化しやすくなります。
これが、老化や慢性疲労の原因でもあります。

普通の水は、弱酸性か中性のpH7前後ですが、活泉水は、pH9.9。
これは、ホウレンソウやワカメ、ヒジキ並みの高いアルカリ度です。

2つ目は、硬度2・75の「超軟水」

口に含むと、とろりとした甘さがあり、そのまま飲んでもまろやかでおいしいため、水を積極的に飲む習慣をつけるのに最適です。

3つ目は、粒子が小さく体に浸透しやすい

一般的なミネラルウォーターの2分の1以下の大きさで、体のすみずみまで吸収されやすいといえます。

4つ目は、抗酸化力

水道水が、+300~+600mVという値の酸化水であるのに対し、活泉水は-386mVという強力なマイナスイオンで、強い酸化還元力があります。

5つ目は、水では珍しい乳化作用があること

普通、水は油と分離しますが、活泉水に油を入れて振ると、混ざって自く濁ります。

つまり、ドロドロした血液をサラサラにしたり、血管の内壁に付着したコレステロールを溶かして排出する働きが期待できるわけです。

6つ目に、絶妙のミネラルバランス

クロレラ(藻の一種)をはじめ、活火山特有の天然ミネラルを豊富に含む火山川で、1万年以上も眠った温泉水であるため、各種ミネラルがバランスよく含まれています。

このような特長をいくつも兼ね備えた活泉水には、さまざまな効果が期待できるようです。
活泉水を飲むようになって、「お通じが良くなった」「肌ツヤがよくなった」「体調が戻った」などの報告があるようです。

桜島活泉水の購入前の注意点とは?

現在、桜島活泉水の検索結果に紛らわしい非公式サイトが上位に表示されています。
こちらが住所不明の非公式サイトになります。

【非公式】活泉水【激安特価!お試しセット】特別商品
所在:不明

公式サイトは下記の株式会社ブルームが運営する

【公式】飲む温泉水「桜島活泉水」
URL : https://www.blooms.jp

株式会社ブルーム
〒810-0001
福岡市中央区天神4-1-17
博多天神ビル6階

です。お間違いのないよう注意してください。

株式会社ブルームの公式サイトでは、お得に購入できるお試しキャンペーンを実施中です。
購入の際はブルーム公式キャンペーンページをご確認ください。

Return Top